日産と三菱自動車、新型軽EVを2022年度初頭発売へ…実質購入価格は約200万円から

エコカー レスポンス

日産自動車と三菱自動車は8月27日、共同プロジェクトとしてNMKVで企画・開発を進めている新型の軽クラスの電気自動車(EV)を、2022年度初頭に日本国内で発売すると発表した。

新型軽EVは、EVならではの滑らかで力強い走りと高い静粛性を実現するとともに、運転支援技術をはじめとする、様々な先進技術を搭載する。車両寸法は全長3395mm×全幅1475mm×全高1655mm。取り回しに優れて運転しやすく、安心・安全、快適に乗ることができる。また、総電力量20kWhの駆動用バッテリーを搭載。日常での走行に充分な容量を確保するとともに、万が一の際は、蓄えた電力をV2H機器を介して家庭へ供給するなど、非常用電源としても活用できる。

なお、実質購入価格は約200万円からとなる見込みだとしている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 日産自動車 IMk(東京モーターショー2019)《撮影 小松哲也》
  • 日産自動車 IMk(東京モーターショー2019)《撮影 小松哲也》
  • 日産 IMk(東京モーターショー出品車)《撮影 雪岡直樹》
  • ニッサンIMk(東京モーターショー2019)《撮影 平原克彦》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ