ダイハツと日本特殊陶業、除菌装置「ミラクルバスター」を共同開発…自動車技術を応用

テクノロジー レスポンス

ダイハツは、自動車技術を応用した除菌装置「ミラクルバスター」を開発し、8月30日から福岡県久留米市の施設で除菌活動を開始する。

ダイハツの「くらしとクルマの研究所」は、社員や近隣住民の安全・安心な環境を提供するため2021年2月、紫外線を用いた除菌装置「ウルトラバスター」を開発。今回、日本特殊陶業とオゾンを利用した除菌装置「ミラクルバスター」を共同で開発した。

ダイハツは、自動車づくりの一環として、排気ガスに含まれる粒子状物質(PM)を、プラズマを用いて処理する技術開発に取り組んでおり、プラズマを使用する際に副生成物として生じるオゾンを除菌に活用できないかと考え開発に着手した。

今回開発したミラクルバスターでは、短時間でPMを処理する排気ガス処理技術を応用することで、効率的な空間除菌を実現した。さらに、空間だけでなく物体表面も除菌可能。専門機関による試験では、室内(25立方米)の浮遊ウイルスを5分で99.4%低減、物体表面の付着ウイルスを60分で99.93%低減する効果を確認している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 使用イメージ《写真提供 ダイハツ工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ