川崎重工、北米向けオフロード四輪事業を強化…米国・メキシコで生産能力増強

モーターサイクル レスポンス

川崎重工は8月30日、北米向けオフロード四輪車の生産能力拡大のため、メキシコ現地法人Kawasaki Motores de Mexico S.A. de C.V.(KMX)および米国現地法人Kawasaki Motors Manufacturing Corp., U.S.A (KMM)にて、生産設備を新設すると発表した。

北米では主にアウトドアレクリエーションを目的としたオフロード四輪車(バギー、サイドバイサイド)の市場拡大が継続。同社は増加する需要に対応するため、KMXとKMMに合計約300億円の設備投資を行う。KMXでは生産能力を拡充し、2023年度よりオフロード四輪車の生産を開始、KMMでも2023年3月までに新機種の生産能力を増強する計画だ。

川崎重工の北米拠点ではオフロード四輪車に加え、パーソナルウォータークラフト(ジェットスキー)や汎用ガソリンエンジンなどのコンシューマー製品を生産。これまでのKMMリンカーン工場、メアリービル工場に、汎用ガソリンエンジンを生産するブーンビル工場(2022年稼働予定)を加え、今回設備を新設するKMXで4つの生産拠点となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • オフロード四輪車(イメージ)《写真提供 川崎重工》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ