ミニ四駆マンガが現実に?! XRを活用した「MINI4WD LASER CIRCUIT」開発中

業界 レスポンス

世界最小のモータースポーツ、タミヤの『ミニ四駆』。メディアミックスも積極的で、現実のコース上にミニ四駆の軌跡がカラフルな光となって現れたり、走行タイムがコースの中央に浮かび上がったり、マンガやアニメの世界を再現したかのようなサーキットが開発中だ。

次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を展開するプレースホルダは、小学館の漫画誌『コロコロコミック』とプラモデルメーカーのタミヤが新世代ミニ四駆シリーズとして展開する「レーザーミニ四駆」の体験コンテンツとして、XR技術(拡張現実)を活用した「MINI4WD LASER CIRCUIT」(ミニ四駆レーザーサーキット)を開発中だ。

コロコロコミック公式YouTubeチャンネル「コロコロチャンネル」で8月28日に、プロトタイプが初公開された。開発中のMINI4WD LASER CIRCUITは、プロジェクションマッピングやセンシングの技術により、マンガやアニメの世界を現実に再現したかのようなデジタル演出が施されている。

プレースホルダではさらにデジタル演出を追加し、ミニ四駆ファンが体験できるよう、MINI4WD LASER CIRCUITの開発を進めていくという。

レーザーミニ四駆とは、『コロコロコミック』で連載中の『MINI 4 KING』に登場するマシンだ。個性をアピールするパーツを搭載しているのが特徴。製品版レーザーミニ四駆では、専用パーツはビスで取り付けるシンプルな構造ながら、グレードアップパーツに引けを取らない効果を発揮して、ハイレベルな走行が楽しめるという。

  • 高木啓
  • MINI4WD LASER CIRCUIT(開発中)《写真提供 プレースホルダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ