デンソーなど、地域情報配信システムを活用したデマンド交通予約の実証を開始

テクノロジー レスポンス

デンソー、順風路、京都府伊根町の3者は、地域情報配信システム「ライフビジョン」を活用したデマンド交通予約機能の実証実験を9月1日から10月31日にかけて実施する。

デンソーが開発・提供するライフビジョンは、タブレット端末やスマートフォンを通じて自治体から住民へさまざまな情報を配信する地域情報配信システム。伊根町では、アナログ防災無線の更新に伴い、ITを活用した付加価値の高い情報を提供する手段として、ライフビジョンを活用した伊根町ネットワーク回覧板「いねばん」の運用を2020年4月に開始。全世帯にタブレット端末を配備し、日常の地域情報や防災情報の配信に加えて、地域活性化につながる「いねばん」の活用を推進している。

今回の実証実験は、伊根町内を運行するEV車両のデマンド予約機能を「いねばん」に追加することで、自宅のタブレット端末「いねばん」から乗車予約を行い、住民がEV車両に乗って町内の目的地まで移動するというもの。タブレット端末を使って簡単に予約ができ、高齢者の町内移動や小中学生の登下校など、路線バスでは対応できなかった細やかな移動ニーズに対する活用が期待されている。

伊根町では今回の実証実験で得た知見を生かし、2022年4月から本格的なデマンド交通サービスの開始を予定している。3者は本実証実験を通じて、運用の課題出しや改善に取り組み、住民の自由な移動を支え、地域の活性化に貢献することを目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ