新開発超小型EVのロゴ/エンブレム公募、最優秀賞を決定…出光タジマEV

新車 レスポンス

出光興産とタジマモーターコーポレーション(タジマMC)が共同出資する出光タジマEVは、新型車両に採用するブランドロゴとエンブレムデザインを一般公募し、最優秀賞および各賞を決定した。

出光タジマEVは、上市に向けて開発を進める新型車両のブランドロゴとエンブレムデザインを6月8日から7月20日まで一般公募。個人だけでなく、高校・高等専門学校といった団体からも応募があり、15歳から77歳までの幅広い層から1584点のデザインが集まった。最優秀賞および各賞は、最終候補8作品の中から、出光興産・出光タジマEVの運営委員会にて最終決定した。

最優秀賞に選ばれたのは、北海道旭川市在住の福士成悟(フクシセイゴ)氏によるデザイン。ブランドロゴは、次世代モビリティおよびモビリティサービスの開発・提供を行う出光タジマEVのブランドネームをモチーフに、小型で小回りの利く車体イメージに合わせてアルファベットの小文字を使用し、中央の「e」には電源スイッチのピクトデザインがあしらわれている。また、エンブレムデザインには、出光タジマEVが目指す、地域に根差したモビリティの「風」「流れ」「ムーブメント」といった「新しい風」を表現している。

出光タジマEVが込めた「覚えやすく、親しみやすい、そして広く世間の皆さまに愛される新しいカテゴリーのモビリティでありたい」という想いを「新しい風」というデザインにした点や、EVを表すピクトデザインなど工夫を凝らしたロゴという点が高く評価された。

最優秀賞に輝いた福士氏のデザインは、出光タジマEVのブランドロゴ・エンブレムの原案となり、出光タジマEVでリデザインを行い最終決定の上、2022年の上市を計画する超小型EVに採用される予定だ。

出光タジマEVでは、超小型EVを核とした移動に関わる地域課題の解決を目指したサービスの開発を進めている。提供するモビリティサービスの詳細は2021年内に正式発表する計画。新型車両および新モビリティサービスについては、出光タジマEVのホームページ(ティザーサイト)にて最新情報を順次発信していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 開発中の新型車両《写真提供 出光興産》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ