マツダ、職域接種でワクチン20回分を紛失

新車 レスポンス

マツダは、8月26日に広島本社で実施した新型コロナワクチン職域接種にて、保管していたモデルナ製ワクチンのうち20回分を紛失したと発表した。

今回の事案は同日17時頃、ワクチン接種終了後、接種人数と使用したバイアル(注射器10本に充填できるワクチン容器)数、保管庫のワクチン残数を確認したところ、保管庫のワクチン残数が不足していることが発覚したもので、原因の解明には至っていない。

マツダでは今後、ワクチンの使用数や残数のチェック強化など、再発防止に努めていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ