いや、そういうふうに聞かれると…マセラティの魅力!

新車 レスポンス

『カーセンサーエッジ』10月号

発行:リクルート

定価: 524円(本体価格476円+税)

中古車情報誌ではあるが、海外ブランドの魅力を訴求すること大な『カーセンサーエッジ』。10月号が例によって読者に問いかける。問いかけるというか開き直って主張する。マセラティ好きで悪いか! 知ってしまうと戻れなくなるのが「マセラティワールド」だという。

マセラティの魅力を知るためには1914年まで遡る必要がある、と特集はマセラティの独自の思想と立ち位置を、ブランドの歴史に沿って説明するところから始まる。マセラティは自動車の世界でも“際物”らしく、マセラティを選んだジャーナリストやオーナーが持論を披露する。

マセラティの今〜未来を理解するためのモデルとして誌面に登場するのは『ギブリ』、『レヴァンテ・トロフェオ』、そして『MC20』だ。実用的な記事としては「近代マセラティの賢い買い方」、そして「好きモノの物欲を刺激する 今、買いのマセラティ」。

特集は再び「傑作車」の紹介に戻り、『シャマル』、『ギブリII』、『クアトロポルテIV』、『3200GT』がページを彩る。マセラティが好きで悪いか? いや、ぜんぜん悪くない!

気になる見出し……●マセラティ好きで悪いか!●EDGE ANGLE 二極化が進む電動化計画。スーパースポーツの進む道は?●EDGE HOUSE 箱根のガレージ別荘●愛すべき早すぎたクルマたち GM FIREBIRD I/II/III●名車への道 PORSCHE 912

  • 高木啓
  • マセラティ・ギブリ・ハイブリッド《photo by Maserati》
  • マセラティ・レヴァンテ・トロフェオ《photo by Maserati》
  • マセラティMC20《photo by Maserati》
  • 『カーセンサーエッジ』10月号《発行:リクルート》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ