メルセデスはリアルな近未来を見せる…独モーターショー展示

新車 レスポンス

IAAモビリティ2021、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の展示メインは『Eクラス』と『Gクラス』のEVモデル。そしてマイバッハEVモデルもコンセプト展示されていた。ありがちな未来感ただようコンセプトカーはないが、販売を前提としたリアルプロダクツ重視となっている。

『EQE』は『EQS』に続くプレミアムセダンのEVとして市場投入されるモデル。メータークラスタからセンターコンソールと助手席まで伸びるデジタルコックピットが特徴だ。

メルセデスはオフロードモデルをGクラスとして展開している。『EQG』はそのフルEVバージョンとして2025年ごろの市場投入を目安に開発中。参考展示のため内装などの撮影は許可されていなかったが、外装はGクラスのアイコンを色濃く残しながら、グリルやヘッドライトの処理で次世代感を表している。航続距離や4WDのシステムなど細かいスペックはまだ公開されていないが、200kWの大出力充電にも対応するといい、短時間の(急速)充電で100km前後走行分が確保できる。現地の情報では、15分で190km分の充電が可能とする。

メルセデスマイバッハは2022年を目安にEVのSUVを投入する予定で、今回『EQS』コンセプトを展示した。

  • 中尾真二
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
  • メルセデスベンツ(IAAモビリティ2021)《写真撮影 中尾真二》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ