三菱ふそう、大型トラック・スーパーグレートに軽量で積載量の多い新モデル

新車 レスポンス

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、大型トラック『スーパーグレート』のラインアップに「6R20」型エンジン(総排気量10.7リットル)を搭載したショートキャブモデルを新たに追加した。新機種は2021年6月より発売した新型スーパーグレートに追加設定し、初号車2台を富士運輸(奈良県奈良市)へ9月1日に納車した。

ショートキャブ仕様は、フルキャブ仕様と比較して貨物を積むスペースをより多く確保できるため、輸送効率を求める企業からのニーズが高い。スーパーグレートでは2017年発売モデルより、6R20型(総排気量10.7リットル)と「6S10」型(総排気量7.7リットル)の2種類のエンジンを導入しているが、今回、FS型低床8×4のショートキャブ仕様で6R20型エンジンを新たに搭載した。

6R20型エンジンは、燃焼システムの最適化によりさらなる低燃費を実現し、ストレスを感じない力強い走破性と優れた環境性能を実現している。また、旧型エンジンに対してエンジン単体で約170kgの軽量化を達成し、軽量化による積載量の向上も同時に実現。CO2排出量の低減や物流業界におけるドライバー不足・人手不足といった課題にも貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ