東京2020パラリンピック閉幕、トヨタが提供した公式車両はどうなる?

業界 レスポンス

東京2020パラリンピックが9月5日に閉幕した。トヨタ自動車は、オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、東京2020大会)を専用開発車や専用開発仕様車を含む電動車のフルラインナップでサポートした。大会後、これらの車はどうなるのか。

トヨタは燃料電池車『MIRAI』や『プリウスPHV』、ハイブリッド車などに加え、東京2020専用車や東京2020専用仕様のEVなど、電動車を中心に約3700台を提供した(数値は事前の発表、以下同じ)。そのうち、競技会場・選手村・国際メディアセンターなどの拠点間移動に使用される、市販車を中心とした関係者輸送の車両は約2700台だった。

提供車両に占める電動車比率は約90%となり、走行中にCO2を排出しないEV・FCVの導入台数は、FCV約500台、EV約850台の計約1350台となった。トヨタによると、市販車を中心とした関係者輸送の車両の平均CO2排出量は80g/km以下となり、提供車両の全数が同種同格のガソリン車・ディーゼル車である場合と比べてCO2排出量を約5割削減できると試算している。

市販車を中心とした関係者輸送の車両は、全て予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」または「Lexus Safety System +」を搭載し、「インテリジェントクリアランスソナー(ICS : パーキングサポートブレーキ<静止物>)」も、ほぼ全ての関係者輸送の車両に装備されている。

東京2020大会後、これらの車はどうなるのか。トヨタによると現時点で未定だ。まさか廃車ではあるまい。また都合よく、新たな大規模な提供先事業が見つかるとも思えない。すると中古車として市場に出てくる……?

  • 高木啓
  • 6月、東京都中央区の駐車場《Photo by Jinhee Lee/SOPA Images/LightRocket via Getty Images/ゲッティイメージズ》
  • 7月21日、オリンピック選手村周辺駐車場《Photo by Alexander Hassenstein/Getty Images Sport/ゲッティイメージズ》
  • 7月21日、オリンピック選手村周辺駐車場《Photo by Alexander Hassenstein/Getty Images Sport/ゲッティイメージズ》
  • 7月21日、オリンピック選手村入り口付近《Photo by Stanislav Kogiku/SOPA Images/LightRocket via Getty Images/ゲッティイメージズ》
  • ノルウェーチーム、東京2020オリンピック選手村に到着(7月21日)《Photo by Stanislav Kogiku/SOPA Images/LightRocket via Getty Images/ゲッティイメージズ》
  • カナダチーム、東京2020オリンピック選手村に到着(7月21日)《Photo by Stanislav Kogiku/SOPA Images/LightRocket via Getty Images/ゲッティイメージズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ