ホンダとGM、自動運転モビリティサービスに関する技術実証を9月中に開始

テクノロジー レスポンス

ホンダとGMクルーズホールディングスLLC(クルーズ)、ゼネラルモーターズ(GM)の3社は、共同で展開予定の日本における自動運転モビリティサービス事業に向け、自動運転技術の技術実証を2021年9月中に開始すると発表した。

3社は今年1月、日本における自動運転モビリティサービス事業に向けた協業を行うことで基本合意。2021年中に、GMの『ボルト』をベースとした無人ライドシェアサービス試験車両を活用し、日本での技術実証開始を目指していくことを発表していた。

今回の技術実証では、栃木県のホンダ施設内に実証拠点を新設し、ホンダとクルーズが共同で開発作業に取り組む。

まず、自動運転車両がより安全に走行するための準備として、地図作成車両を用いた高精度地図を作成。準備が整い次第、自動運転車両『クルーズAV』により、栃木県宇都宮市・芳賀町での公道走行を通じて、日本の交通環境や関連法令などに合わせた自動運転技術を開発・検証する。

3社は共同開発している自動運転モビリティサービス事業専用車両『クルーズ・オリジン』を活用した事業の日本国内での展開を目指しており、その事業運営は、ホンダの日本におけるモビリティサービス事業運営子会社であるホンダモビリティソリューションズが担う予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Autonomous Vehicle Mobility Service《写真提供 本田技研工業》
  • クルーズAV《写真提供 本田技研工業》
  • クルーズAV《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダモビリティソリューションズ 高見 聡 代表取締役社長《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ