アウディコネクト非搭載車両向け専用データプラグ発売、一部機能が利用可能に

テクノロジー レスポンス

アウディジャパンは9月8日、アウディコネクト非搭載車両でも、車両状態や駐車位置確認、燃費記録などの一部機能が利用できる「アウディコネクト プラグ&プレイ」をリリース、専用データプラグの販売を全国のアウディ正規販売店を通じて開始した。

アウディジャパンでは、2013年にネットワークと車を結ぶテレマティクサービス「アウディコネクト」を導入。SOSコールなど多くの機能でオーナーに安心を提供してきた。今回、2008年以後のアウディコネクト非搭載車両でも、アウディコネクトの一部機能を利用可能とする「アウディコネクト プラグ&プレイ」を発売した。

アウディコネクト プラグ&プレイは、車載診断機からの情報を、専用データプラグ(価格6050円)とBluetooth通信を介して、オーナーのスマートフォンに転送することで機能。スマートフォンにはアウディコネクト プラグ&プレイのアプリがインストールされ、オーナー向けサービス、myAudiアカウントでログインしていることが必要となる。

アウディコネクト プラグ&プレイで利用できる情報は、走行距離や車台番号、燃料レベル、整備タイミングといった基本的な車両情報から、起点・終点・距離などのドライブ情報や燃費、そのドライブの統計情報、駐車情報など。

燃費記録は、再給油を車が検知すると、スマートフォンにポップアップ表示するなど、利便性も考慮している。統計情報では、エンジン回転数、スピード、ブレーキ、冷却水温度などを記録し、ドライビングスタイルがどのように燃費に影響するかを判定できる。

駐車情報では、エンジンオフにした瞬間の位置情報と時間を自動的に記録。この位置情報は他のアプリでシェア可能で、待ち合わせや、パーキングメーターの残時間の確認などに便利だ。

また、日常的な点検予約を取るため販売店に簡単にコンタクトできるほか、事故や故障などの緊急事態には、ロードサイドアシスタンスや、アウディコミュニケーションセンターへの電話発信がボタンひとつで可能。警告灯や制御灯について、説明や具体的なヒントも提供する。

このほか、ゲーム的な要素としてマイチャレンジも利用可能。効率的な運転や正規代理店訪問、アプリの利用状況に応じてポイントが加算され、ステージが上がっていくというものだ。

対象車両は、2008年以降のアウディコネクト非搭載車両、およびアウディコネクト搭載車でmyCarManager機能を持たないモデル。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アウディコネクト プラグ&プレイ《写真提供 アウディジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ