ジャガーの電気自動車「I-PEACE」、2022年モデルに新グレード

新車 レスポンス

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(EV)『I-PACE』2022年モデルを発表、9月9日より受注を開始した。

I-PACEは、ジャガーが培ったスポーツカーブランドとしての歴史と実績を具現化したハイパフォーマンスSUVだ。最新の90kWhリチウムイオンバッテリーを搭載、航続距離はWLTCモードで438kmを実現。長距離ドライブにも利用できる。

2022年モデルでは、世界初のEV市販車ベースのワンメイクレースシリーズ「ジャガー I-PACE eトロフィー」で培った知識や経験を反映している。具体的には、フロントモーターとリアモーターのトルク配分を変更し、エコモード時の効率を向上させたほか、フロントバンパー開口部のアクティブベーンシステムを効果的に使用し温度管理を改善。さらにパフォーマンスや耐久性に影響することなく、バッテリー残量がより少ない状況でも作動ができるようにした。

エクステリアは、19インチにサイズアップしたホイールを標準装備し、クロームティップドグリルピンを採用するなど、よりスポーティにしている。また、新たに、グリルサラウンドや、ミラーキャップ、サイドウィンドウサラウンド、リアディフューザーにアクセントを施した「ブライトエクステリアパック」を追加。ボディカラーも、カルデラレッド、ポルトフィーノブルー、アイガーグレイ、アルバの新色を用意し全12色展開とした。

インテリアは、グレインレザーの14ウェイ電動フロントパフォーマンスシートを導入したほか、ヘッドレストにあるジャガーリーパーを3D加工したり(レザーシートのみ)、40:20:40分割可倒式リアシートを標準装備している。また、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニターなど多彩なドライバー支援システム、最新インフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準装備し、安全性と利便性も高めている。

なお、2022年モデルから新グレードとして、「S」をベースにブラックエクステリアパックや20インチ スタイル5068 5スポーク(グロスブラックフィニッシュ)、固定式パノラミックルーフなどを備えた「ブラックエディション」を追加し、全4グレード展開となる。

価格は1005万円から1139万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ジャガー I-PACE ブラックエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ジャガー I-PACE ブラックエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ジャガー I-PACE ブラックエディション《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ジャガー I-PACE HSE《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ジャガー I-PACE HSE《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ジャガー I-PACE HSE《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ジャガー I-PACE HSE《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ジャガー I-PACE HSE《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ジャガー I-PACE S《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
  • ジャガー I-PACE S《写真提供 ジャガー・ランドローバー・ジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ