650km離れた超大型油圧ショベルを遠隔操作…コマツがデモ実施へ

テクノロジー レスポンス

コマツは、9月13日から15日までの3日間、米国ラスベガスで開催される鉱山機械見本市「MINExpo 2021」にて、超大型油圧ショベルの遠隔操作と無人ダンプトラック運行システムの協調による半自動化作業のデモンストレーションを実施する。

コマツは現場の安全性と生産性向上を目指し、超大型油圧ショベル「PC7000-11」の遠隔操作化と半自動化の開発を進めてきた。車体と作業機周辺に設置した複数のカメラとセンサーを通じて、現場の状況が遠隔操作用コンソールの360度モニターとディスプレイに映し出すことで、オペレーターは実際の運転席から見える視界以上の現場状況を把握できる。

この遠隔操作に加え、無人ダンプトラック運行システム「AHS」と協調させることで、積み込み作業の一部自動化を実現。これにより積み込み作業のサイクルタイムを短縮し、オペレーターの疲労を軽減する。また、AR技術を活用して、作業機やバケットの位置情報、モジュラーマイニング社の鉱山管理システムによるダンプトラックの到着予測時間などをオペレーターにリアルタイムにフィードバックする運転支援を行うことで、生産性の向上を実現する。

今回のデモンストレーションでは、展示会場に設置した遠隔操作用コンソールから、650km以上離れた米国アリゾナ州に設置した超大型油圧ショベル「PC7000-11」を遠隔操作して、無人専用運搬車両「Innovative Autonomous Haulage Vehicle」との協調による半自動化作業を実施する。

なお、遠隔操作機能と一部自動化機能を搭載した超大型油圧ショベル「PC7000-11」の開発はほぼ完了しており、2022年には顧客の現場での試験を行う予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 無人専用運搬車両「Innovative Autonomous Haulage Vehicle」に積み込み作業を行う超大型油圧ショベル「PC7000-11」《写真提供 コマツ》
  • 遠隔操作用コンソール《写真提供 コマツ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ