三菱 新型『アウトランダー』が米国IIHSの安全性評価で最高評価

新車 レスポンス

三菱自動車は9月8日、新型『アウトランダー』のガソリンエンジンモデルが米国道路安全保険協会(IIHS)の安全性評価にて、最高評価「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表した。

今回の「TSP+」評価は、ヘッドライトの光軸調整を行った2021年6月以降生産の米国仕様車が対象。新型アウトランダーはIIHSの耐衝撃性能試験、対車両および対歩行者での前面衝突予防試験、ヘッドライト性能試験にて、高い衝突安全性能と予防安全性能が評価された。

新型アウトランダーは2021年4月に北米で発売したクロスオーバーSUVで、充実した先進安全技術を搭載している。高速道路同一車線運転支援技術「MI-パイロット」は、レーダークルーズコントロールシステム(ACC)と車線維持支援機能(LKA)を統合した制御で、車間距離と車線中央付近をキープしながらの走行をサポート。

また、ナビリンク機能搭載車は地図上のカーブ情報を活用して自動で速度を調整し、運転操作の負担を軽減する。

さらに、衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)、前方衝突予測警報(PFCW)、後側方衝突防止アシスト(ABSA)、車線逸脱警報システム(LDW)、車線逸脱防止支援機能(LDP)など、多数の予防安全機能を装備。

三菱自動車独自の衝突安全強化ボディ「RISE」と、運転席のフロントセンターエアバッグやセカンドシートのサイドエアバッグを含む計11個のエアバッグとあわせて、安全な運転をサポートする。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 アウトランダー 新型(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
  • 三菱 アウトランダー 新型(北米仕様)《photo by Mitsubishi Motors》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ