【SUPER GT 第5戦】カルソニック IMPUL GT-Rが5年ぶりの優勝…GT300はSUBARU BRZがポールトゥウィン

モータースポーツ レスポンス

宮城県・スポーツランドSUGOで12日、SUPER GT第5戦の決勝レースが行われ、GT500クラスは#12 カルソニック IMPUL GT-R(平峰一貴/松下信治)が、GT300クラスは#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が優勝した。

SUGOでのSUPER GTは昨年、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となり、今大会は2年ぶりの開催となる。11日に行われた公式予選では#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が今季初のポールポジションを獲得。今季初優勝に向けて、一番前からスタートすることになった。

決勝レースは84周。#8 ARTA NSX-GT野尻智紀はスタートを決めてトップを守り、徐々に後続を引き離す展開に持ち込んだ。2位以下は大混戦。2番手スタートの#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT大湯都史樹のペースが上がらず、#12 カルソニック IMPUL GT-R松下信治、#17 Astemo NSX-GTベルトラン・バゲット、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R千代勝正の4台による2位争いとなった。この中で数々のバトルが繰り広げられ、最終的に抜け出したのは#12 カルソニック IMPUL GT-R松下。20周目に3位に上がると、21周目に2位に浮上し、そこから後続を寄せ付けることなく周回を重ねていった。

28周目から給油とタイヤ交換、ドライバー交代の為のピットインが始まった。37周目にすべてのマシンのピットインが終わると、#8 ARTA NSX-GT福住仁嶺が2位#12 カルソニック IMPUL GT-R平峰一貴に11秒の差をつけてトップを快走していた。これでトップの座は安泰かと思われたが、#8 ARTA NSX-GTはまさかのピット作業違反でドライブスルーのペナルティが課された。

少しでも差を広げてからペナルティーをこなそうとしたが、ここで#19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)のマシンから炎が上がりコース脇にストップ。消火、マシン回収のためにセフティーカーが導入された。

これで#8 ARTA NSX-GTのマージンはなくなり、さらにはドライブスルーペナルティ消化時にピット出口が赤信号にも関わらずコースインしてしまうドタバタ劇。結果、3度のピットインを行い、勝負権を手放してしまった。

これでトップに立った#12 カルソニック IMPUL GT-R平峰一貴は快調に飛ばし続け、最後は2位に8秒もの差をつけてトップチェッカーを受けた。Team IMPULとしては2016年第5戦富士以来5年ぶりの優勝。ドライバーの平峰、松下にとってはGT500クラス初優勝となった。

2位には予選10番手スタートから一時順位を落としながらも、最終的に素晴らしい追い上げをみせ上位に躍進してきた#1 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)が入った。#17 Astemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)が3位でフィニッシュ。以下、#36 au TOM'S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)、#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(ヘイキ・コバライネン/中山雄一)、#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(ヘイキ・コバライネン/中山雄一)と続いた。

GT300クラスはポールポジションスタートの#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が終始トップをキープ。完璧な戦いでポールトゥウィンを決めた。2位は5番グリッドから数々のバトルを制した#55 ARTA NSX GT3(高木真一/佐藤蓮)。3位は9番グリッドから追い上げた#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)の結果だった。

次戦、SUPER GT 第6戦は10月23日・24日の日程で、大分県・オートポリスを舞台に開催される。

■SUPER GT第5戦SUGO、GT500決勝レース結果(トップ10)

1. #12 カルソニック IMPUL GT-R(平峰一貴/松下信治)

2. #1 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)

3. #17 Astemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)

4. #36 au TOM'S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)

5. #39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(ヘイキ・コバライネン/中山雄一)

6. #24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/佐々木大樹)

7. #23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)

8. #64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)

9. #16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原右京/大湯都史樹)

10. #8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)

■SUPER GT第5戦SUGO、GT300決勝レース結果(トップ10)

1. #61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)

2. #55 ARTA NSX GT3(高木真一/佐藤蓮)

3. #56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)

4. #87 グランシード ランボルギーニ GT3(松浦孝亮/坂口夏月)

5. #60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)

6. #34 Yogibo NSX GT3(道上龍/密山祥吾)

7. #88 JLOC ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)

8. #96 K-tunes RC F GT3(新田守男/小高一斗)

9. #244 たかのこの湯 GR Supra GT(三宅淳詞/堤優威)

10. #11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)

  • 藤木充啓
  • 【SUPER GT 第5戦】GT500クラス優勝の#12 カルソニック IMPUL GT-R(平峰一貴/松下信治)《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT500クラス2位の#1 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT500クラス3位の#17 Astemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT500クラス4位の#36 au TOM'S GR Supra(関口雄飛/坪井翔)《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT500クラス表彰式《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT300クラス表彰式《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT300クラス優勝の#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT300クラス2位の#55 ARTA NSX GT3(高木真一/佐藤蓮)(手前)《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT300クラス3位の#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT500クラススタートシーン《撮影 益田和久》
  • 【SUPER GT 第5戦】GT300クラススタートシーン《撮影 益田和久》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ