グリーンスローモビリティ実証調査へ7地域を選定 国交省

新車 レスポンス

国土交通省は9月10日、2021年度にグリーンスローモビリティの活用を検討する「実証調査地域」として7地域を選定したと発表した。

20km/h未満で公道を走ることができる電動車のグリーンスローモビリティは小さな移動サービスで、環境への負荷が少なく、狭い路地も通行が可能で、高齢者の移動手段の確保や観光客の周遊につながる。

国土交通省では、グリーンスローモビリティの地域での活用に向け、地方自治体を対象に実証調査地域を募集したところ、審査の結果、7地域を選定した。

選定したのは「高低差を抱える高齢化住宅団地における路地ネットワークを活用したグリーンスローモビリティの有効性実証事業」(茨城県取手市)や「都心区における旅行者・居住者向けマイクロツーリズムの実証実験」(東京都港区)、「中央アルプス国定公園の山麓に点在する観光拠点を周遊する環境配慮型観光モビリティ実証実験」(長野県駒ケ根市)など。

今後、選定された地域で実証調査を実施する。

  • レスポンス編集部
  • グリーンスローモビリティの例《写真提供 国交省》
  • 2021年度に実証調査する地域《資料提供 国土交通省》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ