前面ガラスが70インチのスクリーンに、ファーウェイの新HUD

新車 レスポンス

ファーウェイ(HUAWEI)は9月9日、IAAモビリティ2021において、新開発のヘッドアップディスプレイ、ファーウェイ「AR-HUD」を初公開した。

ファーウェイのAR-HUDは、13×5度の視野角を持つと同時に、複数の車線をカバーする。AR-HUDは運転中、フロントガラスを70インチのHDスクリーンに変換し、必要な運転情報を表示する。そのため、ドライバーは道路から目を離さずに、例えば7.5mの距離内で、メーターやナビゲーションなどの重要情報を取得できるという。

ファーウェイのAR-HUDは、ドライバーの注意力向上と安全性向上にも役立つ、と自負する。悪天候下で運転を行う際、AR-HUDがセンサーとAR(拡張現実)を用いて情報を表示し、肉眼では見逃してしまう可能性のある歩行者、車両、障害物について、重要な注意喚起を行う。

ファーウェイのAR-HUDは、最大100ピクセル/度(PPD)の解像度のフルHDディスプレイも提供する。これにより、ユーザーは車内で没入型のゲームや動画体験を楽しむことができる。

また、独自の光学設計を導入しており、ゴースト防止と画面揺れの解消を実現するだけでなく、コンパクトなユニット設計を可能にした。AR-HUDはさまざまなモデルに適応できるため、より多くのユーザーが広い視野での安全運転を享受することができる、としている。

  • 森脇稔
  • ファーウェイの新開発ヘッドアップディスプレイ、ファーウェイ「AR-HUD」《photo by HUAWEI》
  • ファーウェイの新開発ヘッドアップディスプレイ、ファーウェイ「AR-HUD」(IAAモビリティ2021)《photo by HUAWEI》
  • ファーウェイ(IAAモビリティ2021)《Photo by Peng Dawei/China News Service via Getty Images/ゲッティイメージズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ