豊田合成、米国での内装・外装部品の生産能力強化へ約40億円を投資

業界 レスポンス

豊田合成は9月13日、重点市場である北米での自動車部品の生産体制の強化に向け、米国の子会社であるTGミズーリの生産能力を強化すると発表した。

TGミズーリでは、ラジエータグリルなどの内外装部品の販売拡大に対応するため、本社工場(ペリビル工場)を拡張したほか、インディアナ工場で新たに建屋を購入し、成形機や塗装設備などを導入する。なお、投資額は約40億円。最新の省エネ設備を導入し、環境にも配慮したモノづくりを推進していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ラジエータグリル《図版提供 豊田合成》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ