マツダ スクラムバン/ワゴン、一部改良で安全・利便機能を充実

新車 レスポンス

マツダは、広い荷室と使いやすさを追求した軽商用車『スクラムバン』と軽乗用車『スクラムワゴン』を一部改良し、9月16日より販売を開始した。

今回の一部商品改良では、毎日の運転を支援する機能と利便機能の拡充を行った。

スクラムバンは、「PC」グレードにデュアルカメラブレーキサポートや誤発進抑制機能をはじめとする先進安全技術を標準装備し、オートライトシステムを全機種に標準装備した。また、「PAスペシャル」へのフロントパワーウィンドウの追加やPAを除く全機種にUSB電源ソケット(2個)を追加した。

スクラムワゴンは、停車時アイドリングストップシステムを全機種に標準装備したほか、USB電源ソケット(2個)を全機種に追加。2WD車へ運転席シートヒーターを加え全機種標準装備とした。

価格はスクラムバンが97万1300円から143万7700円、スクラムワゴンは155万8700円から190万7400円。

なお、スクラムバン/スクラムワゴンはスズキからのOEM供給車で、『エブリイ』がベースとなる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ スクラムワゴン PZターボ スペシャル(2WD, 4AT)《写真提供 マツダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ