ジープ コンパス改良新型、2グレードに最新ナビを標準装備

新車 レスポンス

FCAジャパンは、2021年6月から販売を開始したコンパクトSUV、ジープ『コンパス』(Jeep Compass)改良新型の2グレードに、新たに純正ナビゲーションを標準装備し、9月下旬より出荷と販売を開始する。

今回、ロンジチュードとリミテッドには最新版の純正ナビゲーションを標準装着する。シンプルで見やすい地図で、走りやすい道を優先した最適なルートを探索できるほか、案内中は間違えやすい分岐をサポート。約460万件のPOI(ジャンルや名称による検索)データ、約54万件の電話番号案内、約1700件の交差点拡大図を収録する。オンラインVICS対応。地図更新は最大7年間無償となる。

価格は「ロンジチュード」が399万円、リミテッドが449万円。「スポーツ」の装備・価格(346万円)には変更はない。

なお、標準装着のない従来のロンジチュード、リミテッドについては、ナビゲーションキット(14万円)を販売する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ジープ コンパス《写真提供 FCAジャパン》
  • ジープ コンパス《写真提供 FCAジャパン》
  • ジープ コンパス《写真提供 FCAジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ