【INDYCAR 第15戦】コルトン・ハータがラグナ・セカ戦を“連覇”、琢磨は27位…パロウ2位で王座に近づく[写真10]

  • 第15戦ラグナ・セカの表彰台。左から2位パロウ、優勝ハータ、3位グロージャン。《Photo by INDYCAR》
  • 2シーズンぶりのラグナ・セナ戦、#26 ハータ(写真先頭)がポール・トゥ・ウインを飾る。《Photo by INDYCAR》
  • 優勝の#26 ハータ。《Photo by INDYCAR》
  • ほぼ完勝で今季2勝目をあげたコルトン・ハータ。《Photo by INDYCAR》
  • 2位の#10 パロウ。《Photo by INDYCAR》
  • アレックス・パロウは今回の2位でタイトル獲得に大きく前進した。《Photo by INDYCAR》
  • 3位の#51 グロージャン。《Photo by INDYCAR》
  • 3位を喜ぶロマン・グロージャン。《Photo by INDYCAR》
  • シリーズランキング2位の#5 オワードは、最終戦に逆転タイトルをかけて臨む(今回5位)。《Photo by INDYCAR》
  • “コークスクリュー”を走り抜ける#30 佐藤琢磨。今回は決勝最下位扱いというリザルトだった(写真後方は#2 ニューガーデン)。《Photo by INDYCAR》

NTTインディカー・シリーズ第15戦の決勝レースが現地19日に米カリフォルニア州のロードコース「ラグナ・セカ」であり、コルトン・ハータが“当地連覇”で今季2勝目をあげた。佐藤琢磨はスピンを喫したことが響き、27位。アレックス・パロウが2位に入り、王座に近づいている。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ