自動運転フォークリフトとトラックが連携、待ち時間短縮

テクノロジー レスポンス

豊田自動織機、日立物流などは9月17日、物流施設内でのトラックの積卸し自動化と待機時間削減に向けてAIを搭載した自動運転フォークリフトを活用してトラック運行と連携させる共同実証事業を開始すると発表した。

実証事業には2社のほか、大和ハウス工業、イオングローバルSCM、花王も参画する。

5社は、トラック積卸しを自動化するため、AIを搭載した自動運転フォークリフトの実用化を目指すとともに、荷主間の計画的で効率的なトラック運行を実現することで、サプライチェーン全体の効率化・省エネ化に取り組む。

事業期間は2021年9月から2024年3月までで、2021年度はトラックの積卸しの自動化技術の確立を目指して活動する。2022年度には、共通システムとの連携・積卸しにおけるスワップボディコンテナ有効活用、AIを搭載した自動運転フォークリフトの前後の工程にパレタイジングロボットを活用して自動化の範囲を広げる。

2023年度には、AIを搭載した自動運転フォークリフトを活用した効率化、省エネ技術が広く普及するような実証や検討を進める計画。

実証事業は経済産業省資源エネルギー庁の公募事業である2021年度「AI・IoT等を活用した更なる輸送効率化推進事業」に採択されている。

  • レスポンス編集部
  • 共同実証事業のイメージ《画像提供 豊田自動織機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ