交通事故削減へ、危険情報の事前警告システムをテスト…ステランティス

テクノロジー レスポンス

ステランティス(Stellantis)は9月17日、最新のコネクテッドカー技術を活用して、ドライバーに危険情報を警告するテクノロジーを北米でテストすると発表した。

ドライバーに危険情報を警告するテクノロジーのひとつは、「5Gオートモーティブ・アソシエーション(5GAA)」と協力して開発された。5GAAは、グローバルな業界の枠を超えた組織で、世界の自動車メーカー、サプライヤー、モバイルオペレーター、半導体企業などで構成される約120の会員が、将来のモビリティと輸送サービスのためのソリューションの開発で協力している。また、5GAAは、セルラーテクノロジーベース通信の「セルラーV2X(C-V2X)」に基づく次世代のコネクテッドモビリティの開発を支援している。

テストでは、マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)、セーフティクラウドテクノロジー、5G通信を利用して、ドライバーにルート上の潜在的な危険を事前に警告する。たとえば、車載カメラとセンサーを使用して、交差点でさまざまなデータを収集する。MECシステムは、安全上のリスクを分析し、交差点の歩行者の存在を接近する車両に知らせることができる。

MECシステムのテストでは、新しいコネクテッドサービスや自動運転を実現する将来のテクノロジー向けに、より高速にデータをやり取りできるインフラを評価する。最初のテストには、「Uconnect」を搭載した2021年モデルのジープ『ラングラー4xe』などを使用する。なお、MECシステムの技術は、今後10年以内に実用化する予定という。

ドライバーに危険情報を警告するもうひとつのテクノロジーが、「SafetyCloud」通知だ。ステランティスの従業員による「StarUp」から生まれたアイデアで、緊急車両が接近していることを知らせる警告システムとなる。

ステランティスのエンジニアリングチームは、SafetyCloudと呼ばれるデジタル警告システムによって、緊急車両の接近や道路の危険を、車載Uconnectシステムに警告する機能を開発した。パイロットプロジェクトでは、車載スクリーンに危険警告を配信することによる効果や、サービスがドライバーの安全運転に与える影響などを測定する、としている。

  • 森脇稔
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ