災害時の電源供給にも、日本交通がコンセント付車両を導入開始

テクノロジー レスポンス

日本交通は、アクセサリーコンセントを設置した、トヨタ『ジャパンタクシー』改良車の導入を9月より開始した。

今回、導入するジャパンタクシーは、トヨタが2021年5月より発売した一部改良モデル。停電などの非常時に給電が可能なアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/コンセント1個)をオプション設定できる。日本交通では、今後導入するジャパンタクシーはアクセサリーコンセントを装備するものとし、まずは2021年9月度に81台を導入、その後2021年12月末までにさらに64台と、年内に計145台を導入する予定だ。

タクシーは高い機動性を活かし、災害発生時等にいち早く稼働できる公共交通機関として、これまでも都市機能の復旧・復興に貢献してきた。また、空気清浄機を取り付けた「ニューノーマルタクシー」へ改造。コロナ禍における安全・安心な移動手段として役割を果たしている。さらに給電装備を備えることで、災害時・緊急時の電力不足にて早急な電力供給を可能とし、安全・安心な社会づくりにつなげていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アクセサリーコンセント《写真提供 日本交通》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ