ホンダの北米向けSUV「パスポート」2022年型、オフロード仕様初設定

新車 レスポンス

ホンダの米国部門は9月22日、『パスポート』(Honda Passport)の2022年モデルを発表した。『CR-V』の上に位置する中型SUVになる。

◆現行型は2019年2月に16年ぶりに車名復活

パスポートは、ホンダがかつて北米市場で販売していたSUVだ。いすゞからSUVの『ロデオ』のOEM供給を受けて、1994年からホンダがパスポートとして現地で販売していた。1998年には2代目にモデルチェンジを行うが、2002年に生産を終了している。

現行パスポートは2019年2月、16年ぶりに車名復活して、米国市場で発売された。現行パスポートは、ホンダの北米でのSUVラインアップにおいて、4番目のモデルとなる。日本市場にも導入された『CR-V』と北米専用のミドルクラスSUV『パイロット』の間を埋めるSUVに位置付けられる。現行パスポートは、ホンダR&Dアメリカが設計と開発を担当し、ホンダの米国アラバマ州リンカーン工場で生産を行う。

現行パスポートは、より力強い走りと幅広いパーソナルユースに対応した5人乗りのミドルサイズSUVだ。一般道での洗練された走りとオフロードでの高い走破性を両立させるとともに、クラストップのゆとりある室内空間を追求している。

◆「トレイルスポーツ」第一弾モデル

パスポートの2022年モデルには、SUVやピックアップトラックにオフロード仕様車として設定される新シリーズ『トレイルスポーツ』が用意された。トレイルスポーツ第一弾モデルが、パスポートの2022年モデルとなる。

パスポートのトレイルスポーツでは、専用の内外装を採用した。エクステリアは、グリルが専用デザイン。前後バンパーには、シルバー仕上げのスキッドガーニッシュが備わる。オレンジの「TrailSport」エンブレムが、フロントグリルとテールゲートに添えられた。「Passport」と「AWD」のエンブレムは、クロームからグロスブラックに変更されている。

マシーン加工された18インチアルミホイールも、トレイルスポーツの専用デザインだ。走行安定性を向上させるために、前後のトレッド幅は10mm拡大された。タイヤは245/60R18サイズを装着する。

室内では、ステアリングホイール、ドアパネル、シートにオレンジ色のコントラストステッチが添えられた。フロントシートのヘッドレストとオールシーズンラバーフロアマットには、TrailSportのロゴが刺繍された。メーターはグレーの照明とホワイトの指針に、専用の黒いクロームゲージサラウンドを追加する。夜間には、足元、オーバーヘッドコンソール、ドアハンドルポケット、ドアトレイ、カップホルダーを、琥珀色のアンビエント照明が照らす。

今後数年以内に、パスポートのトレイルスポーツのオフロード機能はさらに向上し、よりアグレッシブなタイヤやオフロードチューンドサスペンションなどのアップグレードが予定されている。

◆3.5リットルV6エンジン+電子制御4WD「i-VTM4」

直噴3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、最大出力280hp/6000rpm、最大トルク36.2kgm/4700rpmを発生する。トランスミッションは9速ATで、力強くスムーズな走りとダイレクトなレスポンスを追求する。

路面状況に合わせて前後輪の駆動力配分をコントロールする電子制御4WDシステム、「i-VTM4」を搭載した。砂地、泥道、雪上など各シーンに最適化した4つの走行モードを切り替えできる「インテリジェント・トラクション・マネージメント」を組み合わせることで、さまざまな状況下で高い走破性と走行安定性を実現した、としている。

  • 森脇稔
  • ホンダ・パスポート の2022年モデルの「トレイルスポーツ」《photo by Honda》
  • ホンダ・パスポート の2022年モデルの「トレイルスポーツ」《photo by Honda》
  • ホンダ・パスポート の2022年モデルの「トレイルスポーツ」《photo by Honda》
  • ホンダ・パスポート の2022年モデルの「トレイルスポーツ」《photo by Honda》
  • ホンダ・パスポート の2022年モデルの「トレイルスポーツ」《photo by Honda》
関連サービス
中古車ランキング
中古バイクランキング
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ