自動運転AIの開発技術競うイベントをオンライン開催、参加者募集開始

テクノロジー レスポンス

自動車技術会は、「第3回自動運転AIチャレンジ(2021シミュレーション)」の参加者を9月27日より募集する。

自動運転AIチャレンジは、自動車業界に関わるAI・IT技術者の発掘育成を目的として、産官学が協力して開催。参加者は自動運転システム用オープンソースソフトウェア「Autoware」で利用可能なオープンソースシミュレータ(LGSVL)をベースにシナリオを構築する。

参加者は、与えられたシナリオをクリアできるようソースコードを作成して、まずはローカルでシミュレーションを実施し、検証して改善を繰り返す。オンラインシミュレータ稼働開始後に、完成したコードをアップロード。オンライン上のシミュレータでタイムを判定する。

ルール・概要、AutowareとLGSVLの推奨環境など詳細については、10月12日に公開予定。11月2日よりオンラインシミュレータの利用を開始し、2022年1月下旬にランキング確定、2月下旬にオンライン表彰式を行う。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Indianapolis Motor Speedway(全長約4km)《写真提供 自動車技術会》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ