「自動運転・隊列走行・バス高速輸送」の実証実験…JR西とソフトバンク[写真8]

  • 実証実験のために新設されたテストコース《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • 実証実験のために新設されたテストコースは福岡PayPayドームの約1.7倍の敷地(提供:ソフトバンク)《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • JR西日本とソフトバンクでは、街作りと連携したBRTを目指す(提供:ソフトバンク)《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • 実証実験では自動運転機能曽備えた連接バス・大型バス・小型バスを使用する(提供:ソフトバンク)《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • テストコースの近景。滋賀県野洲市にあるJR西日本の車両基地跡地を活用している(提供:ソフトバンク)《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • 実証実験に使われる車両には自動運転のための様々な機器が取り付けられている(提供:ソフトバンク)《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • 隊列走行時の車間は10-20m、停車時は1-3m。専用道路を通るため、人は立ち入れない(提供:ソフトバンク)《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • 走行区間が異なる車両を自由に組み合わせることが可能で、最大4台まで隊列を組める(提供:ソフトバンク)《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • 一台が専用道路を離れた後は、別の先頭車が自動運転として走行する(提供:ソフトバンク)《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • 西日本旅客鉄道 鉄道本部 理事 イノベーション本部長 久保田修司氏《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》
  • ソフトバンクの執行役員 法人事業統括付(広域営業担当)兼鉄道・公共事業推進本部 本部長 清水繁宏氏《画像提供 JR西日本/ソフトバンク》

西日本旅客鉄道(JR西日本)とソフトバンクは9月27日、自動運転と隊列走行技術を活用したBRT(Bus Rapid Transit:バス高速輸送システム)の実証実験を、本年10月より滋賀県野洲市に設けた専用テストコースにおいて開始すると発表した。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ