中古車個人間売買サービス「モビリコ」開始、横浜トヨペットが全面サポート

業界 レスポンス

横浜トヨペットは、クルマの購入からメンテナンス、売却までをフルサポートする、新コンセプトの中古車個人間売買サービス「モビリコ」の本格的サービス展開を9月28日より開始した。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)拡大の長期化に加え、半導体不足による新車減産の影響もあり、国内の中古車需要は増加傾向にあり、価格は高騰。手数料や消費税のかからない個人間売買に注目が集まっている。しかし、個人間売買は「トラブルが発生しそう」「車の状態が分からなくて不安」「クレーム対応が不安」などの不安がつきまとう。今回、横浜トヨペットは、個人間売買にまつわる不安を解消し、安心・安全な取引を実現するCtoC プラットフォームとして、新コンセプトの中古車個人間売買サービス「モビリコ」を開発した。

モビリコでは、課題とされる手続きの煩雑さやトラブル時の対応等を解消すべく、出品・購入申請から売買成約後の搬入・納車までの手続き(名義変更・成約代金授受)を事務局スタッフがフルサポートする。また、トヨタ正規販売店で点検・整備に対応したメンテナンスパック加入の条件を満たした中古車のみが出品されるため、品質も高水準。さらに横浜トヨペット店舗で実車を確認できるため、より安心な取引ができる。

出品者は会員登録した後、クルマの情報を専用フォームに入力し、モビリコに掲載する。出品価格は「かんたん査定機能」で算出される査定金額と中古車販売店の小売価格を比較して決めることができるほか、「お試し出品機能」でどのくらい購入希望者がいるのか事前に知ることもできる。売買が成約すると、購入者からの代金振込み完了後、事務局が名義変更に必要な書類を郵送。出品者は記入・捺印の上、その他の必要書類とともに返送する。その後、横浜トヨペット店舗へクルマを搬入。銀行10営業日以内に、成約金が振込まれる。

クルマを購入する場合も会員登録が必要。登録後は見積りの確認や出品者へコメントを送ることができるようになる。購入者はモビリコで希望の車種や価格等の条件を絞り込んでクルマを探す。購入したいクルマが見つかったら、見積り金額を確認の上、購入申請。事務局から送付された購入申請書を確認の上、期限日までに購入代金を振込む。モビリコではトヨタファイナンスが提供するローンも利用可能。支払いは6回〜60回、ボーナス併用払いにも対応する。購入者は代金の振込み完了後、名義変更に必要な書類を郵送。事務局から届く書類に記入・捺印の上、その他の書類とともに返送する。名義変更手続き完了次第、事務局から納車日と納車店舗が案内される。

購入後のアフターサービスについては、保証期間1年で走行距離無制限、車種・年式不問の「モビリコ修理保証」に加入可能。横浜トヨペットをはじめとする神奈川県内ウエインズグループのトヨタ正規販売店全店舗で点検・整備や修理等を依頼できる。さらに買い替えの相談や故障等による緊急時の対応については、担当スタッフといつでもメッセージを送受信できる「トーク機能」を用意。購入後も忘れやすい点検の予約や買い替え時期の提案なども適時「通知機能」で案内し、カーライフ全般を持続的にサポートする。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • カーライフサイクルをサポート《図版提供 横浜トヨペット》
  • モビリコの特徴《図版提供 横浜トヨペット》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ