メルセデスベンツ マイバッハ「GLS」に100周年記念モデル…欧州で

新車 レスポンス

メルセデスベンツは9月28日、「マイバッハ」ブランドの誕生100周年を記念する限定車として、メルセデスマイバッハ『GLS』(Mercedes-Maybach GLS)の「エディション100」を欧州で発表した。

◆ツートンボディカラーに「デジーノ」インテリア

ベースは、メルセデスマイバッハブランド初のSUV、メルセデスマイバッハ『GLS 600 4MATIC』。同車は、メルセデスベンツ『GLS』をベースに、専用の内外装を採用して、ラグジュアリー性を高めている。

エディション100は、世界限定100台を販売する予定。大型のフロントグリルには、ブランドのエンブレムが添えられた。 ボディカラーは上側がノーティカルブルー、下側がハイテクシルバーのツートン仕上げ。特別な「デジーノ」の内装は、クリスタルホワイトとシルバーグレーパールのレザーを組み合わせている。

エディション100の刻印を含むブランドロゴは、Dピラーや収納コンパートメント、照明付きパネルにあしらわれた。鍛造ホイールはグレーで塗装されており、エディション100の文字が、鍛造ホイールのセンターキャップに配されている。

◆メルセデスベンツGLSとは異なる専用のフロントマスク

フロントマスクは、メルセデスベンツGLSとは異なり、押し出し感が強調された専用デザインだ。大型フロントグリルには、垂直のクロームストラットが配された。サイドウィンドウ周りやサイドシルパネルには、効果的にクロームがあしらわれる。

小さな十字リブを備えたテールパイプは、メルセデスマイバッハのアイデンティティを強調するものだ。Dピラーなどには、メルセデスマイバッハのブランドエンブレムが装着される。

ボディサイズは全長5205mm、全幅2030mm、ホイールベース3135mmだ。メルセデスベンツGLS(全長5207mm、全幅1956mm、ホイールベース3135mm)に対して、全幅は74mmワイド化された。3135mmのホイールベースは同数値だ。

◆インテリアは後席の乗員を重視した仕上げ

インテリアには、吟味された素材を使用し、静粛性や広さを追求した。後席の乗員を重視して、電動リクライニングリアシートを採用する。ローラーブラインドを備えた電動パノラマサンルーフが標準装備された。マッサージシートも標準装備する。

オプションの大型センターコンソールを選ぶと、後席は独立2名がけとなる。この大型センターコンソールには、折りたたみ式テーブル、シャンパンボトル用のスペース付き冷蔵庫が装備される。シルバーシャンパンフルートも、純正アクセサリーで選択できる。

ドアを開くと、車高がわずかに下がり、照明付きのランニングボードが静かに、かつ速く(約1秒で)出現、乗降性を向上させる。このランニングボードは、陽極酸化アルミ製としている。

◆V8ツインターボは最大出力557hp

パワートレインは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを、2個のターボで過給したユニットだ。スポーツカーのメルセデスAMG『GT』譲りのこのエンジンは、最大出力557hp/6000〜6500rpm、最大トルク74.4kgm/2500〜5000rpmを引き出す。

トランスミッションは、9速ATの「9Gトロニック」。駆動方式は、フルタイム4WDの「4MATIC」で、駆動トルクの可変配分が可能だ。このパワフルなV8ツインターボが、車両重量2785kgの車体を、0〜100km/hまで4.9秒で加速させる。最高速は250km/h(リミッター作動)に到達する。

「E-ACTIVE BODY CONTROL」を備えた「AIRMATIC」サスペンションを標準装備する。フルアクティブサスペンションもオプションで用意されており、路面の凹凸を効果的に抑えることを可能にしている。

◆48Vのマイルドハイブリッド

「EQブースト」を採用する。これは、エンジンと9速ATの間に配置された電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。ブースト時には、このモーターが最大で22hpのパワーと25.5kgmのトルクを瞬時に引き出し、加速時などにエンジンをアシストする。

48Vの電気システムにより、ハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行う。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と、力強い加速を実現した。48Vまで高められた電気システムにより、動力補助に充分な出力を得ることができる一方、60Vを下回る電圧としたことで、専用の乗員保護機構は不要となる。

また、スターターを従来よりも高出力な電気モーターとすることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジン始動やアイドリングストップの際の再スタートの快適性を向上させた。アイドリング時には、電気モーターの充電電流を調整することで、エンジン回転数を低回転で安定的に保つことを可能にし、効率性、快適性、静粛性に貢献する、としている。

  • 森脇稔
  • メルセデスマイバッハ GLS の「エディション100」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスマイバッハ GLS の「エディション100」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスマイバッハ GLS の「エディション100」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスマイバッハ GLS の「エディション100」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスマイバッハ GLS の「エディション100」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスマイバッハ GLS の「エディション100」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスマイバッハ GLS の「エディション100」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスマイバッハ GLS の「エディション100」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスマイバッハ GLS の「エディション100」《photo by Mercedes-Benz》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ