いすゞ、中型観光バス『ガーラミオ』の先進安全装備を拡充

新車 レスポンス

いすゞ自動車は、中型観光バス『ガーラミオ』の安全性を向上させ、9月29日より販売を開始した。

今回の改良では、各種先進安全装備を大幅に拡充。ドライバーの安全運転をサポートし事故抑制に貢献する。

歩行者検知機能付衝突被害軽減ブレーキシステムは、ミリ波レーダーに加え、カメラによる形状認識で歩行者と自転車を検知する。低速で走行する先行車や歩行者に対し、衝突のおそれが高まると、警告ブザーとディスプレイ表示で、ドライバーによるフットブレーキ操作を促す。その後、さらに危険な状況に進行した場合は、警報に加えブレーキが作動し、衝突回避をサポート。衝突が避けられない場合は、ブレーキを作動させ衝突速度を低減し、被害の軽減を支援する。

車線逸脱警報では、室内搭載のカメラで走行車線を認識し、車両が走行車線から車線を逸脱するとシステムが判断した場合、警報音とインジケーターの表示でドライバーに注意を促す。車両安定制御システムは、ドライバーの操作状況や車両挙動をセンサーで検知し、横滑りや横転につながる不安定な車両姿勢と判断された場合に、警報音とインジケーター表示による警告と同時に、エンジンおよびブレーキの制御を行う。

さらにドライバー異常時対応システムも搭載。ドライバーに急病などの異常が発生した際、ドライバーや乗客がドライバー席スイッチを押すか、乗客が客席上部に設置された客席スイッチを押すことで、ブレーキ制御を自動で開始、徐々に速度を落として停止する。作動時、車内では非常ブザーが鳴るとともに客席スイッチ内蔵ランプが点灯し、赤色フラッシャーが点滅。また車外にはホーンを鳴らし、ストップランプとハザードランプを点滅させることで、周囲に異常事態を知らせる。

このほか、周囲の明るさに応じてヘッドランプ等を自動的に点灯・消灯するオートライト機能に加え、夜間走行中に対向車や先行車がない場合は、ハイビームへ自動的に切り替えを行うオートハイビーム機能を搭載。夕暮れ時や夜間走行時の視認性向上を図った。

価格は45人乗りのM-Iグレードが1850万7500円など。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 衝突被害軽減ブレーキシステム《写真提供 いすゞ自動車》
  • 車両安定制御システム《写真提供 いすゞ自動車》
  • ドライバー異常時対応システム《写真提供 いすゞ自動車》
  • 客席スイッチ(ルームラックの最前列上部に2か所設置)《写真提供 いすゞ自動車》
  • ドライバー席スイッチ《写真提供 いすゞ自動車》
  • フラッシャーランプ(客席前方)《写真提供 いすゞ自動車》
  • 車両停止後ハザードランプ点滅《写真提供 いすゞ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ