ガラコ30周年、「NANGA」とコラボで撥水性のオリジナルシュラフ製作

業界 レスポンス

ソフト99コーポレーションは、ガラコ30年記念プロジェクト第3弾として、アウトドアブランド「NANGA」とコラボした、撥水タイプのガラコオリジナルシュラフを製作した。

1991年2月に販売を開始したガラス撥水剤「ガラコ」は、雨天ドライブ時にクリアな視界を確保し、安全運転につなげるための必須アイテムとして多くのドライバーが愛用。今年でブランド発足30年目を迎えたことを受け、ソフト99では記念プロジェクトとしてさまざまなキャンペーンを展開している。

ガラコオリジナルシュラフは、「ガラコ30年記念プロジェクト第3弾」のプレゼント賞品として、アウトドアメーカー「NANGA」とコラボし、数量限定で製作したもの。鮮やかなガラコカラーの蛍光オレンジと、ガラコのロゴが目を引く。ダウン量は450g(快適使用温度−4度から使用可能限界温度−8度まで)で早春から秋まで幅広く使用可能。アウトドアやおうちキャンプなどで活用できる。なお、撥水タイプだが、実際にガラコを施工しているわけではない。使用環境・保管状況によって撥水の持続期間は異なる。

ソフト99コーポレーションでは、「ガラコ30年記念プロジェクト第3弾」として、応募フォームにクイズの答えと必要情報を入力した人の中から抽選で30名に、このオリジナルシュラフをプレゼントする。応募期間は10月25日まで。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ガラコオリジナルシュラフ《写真提供 ソフト99コーポレーション》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ