AIで高速道路の渋滞予測、御殿場JCT〜東京ICで実証実験開始

テクノロジー レスポンス

NEXCO中日本とNTTドコモは、東名高速上り線・御殿場ジャンクション(JCT)〜東京インターチェンジ(IC)にて、人工知能(AI)による新たな渋滞予測の実証実験を10月15日から開始。予測結果を特設WEBサイト「東名の渋滞予測 TODAY」で公開した。

東名の渋滞予測 TODAYは、ドコモが開発したAI渋滞予知を用いて、当日の午前中の神奈川県、静岡県、山梨県周辺の人出に基づき、東名の御殿場JCT〜東京ICの上り線(東京方面)の各区間における当日の14時〜24時の所要時間を予測した結果を提供する。

AI渋滞予知ではまず、正午時点までの人口分布と同日午後の交通量の関係性を学習しパターン化した人工知能(交通需要予測モデル)を用いて、当日の人口分布に基づき午後の東名上り線の交通需要を予測する。その後、交通需要と所要時間の関係性を学習してモデル化した人工知能(所要時間予測モデル)を用いて、当日の予測交通量需要に基づき、所要時間を予測。これらの結果を特設WEBサイト「東名の渋滞予測 TODAY」で提供する。

AI渋滞予知は、実際の各地の人出をもとに渋滞を予測しているため、昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う外出の自粛による人出の変化や、天候などによる影響を考慮した予測ができる。

なお、NEXCO中日本管内でのAI渋滞予知を活用した渋滞予測を行うのは初となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 実証実験の範囲《写真提供 中日本高速道路》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ