日本電産のトラクションモーターシステム、吉利汽車グループのプレミアムEVに採用

新車 レスポンス

中国の自動車メーカー、吉利汽車グループのプレミアムブランドである「Zeekr」が発表した新型EV『ZEEKR 001』に、日本電産のトラクションモーターシステム「E-Axle」の200kWモデル「Ni200Ex」が採用された。日本電産が10月14日に発表した。

ZEEKR 001はシューティングブレーク・スタイルのプレミアムEVだ。Zeekrブランドの最初のモデルになる。シングルモータまたは前後2つのデュアルモータが選択でき、デュアルモータの場合、最高出力は400kW、最大トルクは768Nmで0-100km/hの加速は3.8秒、最高速度は200km/h。搭載バッテリーは86kWhまたは100kWhで、航続距離(NEDCモード)は712km、360kWの急速充電に対応し、5分間の充電で120kmの走行が可能だ。2021年に中国で発売され、2022年からはグローバル販売も計画されている。

このZEEKR 001に搭載されるNi200Exは、日本電産のE-Axleシリーズの第3弾であり、ZEEKR 001が初めての採用例となる。日本電産では当初、Ni200Exは2023年の量産を予定していたが、ZEEKR 001の発売に合わせて計画を前倒しし、2021年8月から量産を開始した。

日本電産のE-Axleシリーズはモータ、インバータ、ギアを一体化し、ユニットシステムとすることで小型・軽量化を実現した。ZEEKR001に採用されたNi200Exなどの計5機種を開発中で、A〜Eセグメント車両の搭載ニーズに幅広く対応、日本電産は2030年までにEV用駆動モータ市場で世界シェア40〜45%の獲得を目標としている。日本電産は、2030年に売上高10兆円を目指しており、車載事業、中でもトラクションモータ事業はその中核のひとつとなる見込みだ。

  • 高木啓
  • E-Axle Ni200Ex《写真提供 日本電産》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ