北日本は本格的な紅葉シーズンへ…見頃予想

業界 レスポンス

天気情報サービスのウェザーニューズは10月13日、「第二回紅葉見頃予想」を発表した。現在、北日本や東日本の山では紅葉が見頃だ。紅葉の見頃は、関東甲信でやや遅く、西日本で平年並〜早いと予想。日光は10月下旬、京都は11月中旬から見頃になりそうだという。

今年は台風や大雨による木や葉への影響が少なく、葉が色付くために必要な適度な日照と雨、気温低下が見込めることから、鮮やかな紅葉が期待できそうだという。

葉が色付く時期は、秋の気温が低いと色付く時期が早くなり、高いと遅くなる。ウェザーニューズの分析によると、今年の秋は、9月前半は寒気が流れ込んで気温が平年より低くなり、北日本や東日本の標高が高い山では、平年より5〜10日ほど早い見頃を迎えたところが多かった。いっぽう9月後半からは暖気が流れ込んで、東北や関東では色付きが少し遅れている。

ウェザーニューズの予想では、東北や関東甲信では11月も気温が平年より高い傾向のため、これから見頃を迎える名所では見頃が平年より5日前後遅くなる。東海や北陸、西日本では、11月は気温が平年並かやや低い傾向になることから、多くの名所で平年並〜早い見頃を迎える予想だ。

ウェザーニューズによると、今年は色付きの条件がいいという。葉が鮮やかに色付くためには、秋に適度な日差しと雨があり、気温がしっかりと下がることが必要だ。また夏の天候は葉の育ち具合や痛み具合に影響し、紅葉時の色付きの良さに影響を与える。今年の秋は9月から10月上旬にかけて日照時間が長く、いっぽうで9月の寒気により葉の色付きが進み、さらに台風の影響が少なかったため、色付きが鮮やかになった。

エリア別の紅葉見頃予想

北海道:定山渓温泉など各地で見頃。道南は10月下旬から

東北:山は現在紅葉シーズン、平野部は10月下旬から

関東・甲信:山から紅葉シーズン開始。高尾山など南部の名所は11月中旬から見頃

北陸:山から紅葉シーズン開始。兼六園は11月中旬から見頃

東海:山から紅葉シーズン開始。平野部は11月下旬から見頃

近畿:鮮やかな紅葉に期待できる。京都は11月中旬から見頃

中国・四国:鮮やかな紅葉に期待できる。平野部は11月中旬から見頃

九州:鮮やかな紅葉に期待できる。平野部は11月中旬から見頃

  • 高木啓
  • 2021年「第二回紅葉見頃予想」。見頃時期:関東甲信でやや遅く、西日本では平年並〜早い予想《資料提供 ウェザーニューズ》
  • エリア別の紅葉見頃予想《資料提供 ウェザーニューズ》
  • エリア別の紅葉見頃予想《資料提供 ウェザーニューズ》
  • 日光中禅寺湖(イメージ)《写真提供 写真AC》
  • エリア別の紅葉見頃予想《資料提供 ウェザーニューズ》
  • エリア別の紅葉見頃予想《資料提供 ウェザーニューズ》
  • エリア別の紅葉見頃予想《資料提供 ウェザーニューズ》
  • エリア別の紅葉見頃予想《資料提供 ウェザーニューズ》
  • 安芸宮島(イメージ)《写真提供 写真AC》
  • エリア別の紅葉見頃予想《資料提供 ウェザーニューズ》
  • エリア別の紅葉見頃予想《資料提供 ウェザーニューズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ