トゥイジーが3輪になっている? トライクにこだわる小型EV…アソモビ2021

新車 レスポンス

アソモビ2021、EV-LANDのブースには、『トゥイジー』(のようなクルマ)、トゥクトゥク、『トリシティ』(のようなバイク)の3種類が展示されていた。これらはすべて3輪でありEVという特徴を持つ。

トゥイジーはルノーが販売している小型4輪自動車だ。日本でも日産がシェリングカーの実証実験の車両に利用しているので運転したことがある人もいるだろう。EV-LANDが展示していたのは、ぱっと見た目はトゥイジーだが、前輪がひとつで、ハンドルがバイクと同じバーハンドルになっている『URBAN TRIKER』。実際、トゥイジーを3輪に改造し、日本で車検をとっているので登録車と同じように公道を走ることができる。

バッテリーは60V 50Ah(約3kWh)。航続距離は80km前後。最高速度45km/h。乗車定員は1名。

トゥクトゥクは東南アジアでタクシーのように市民の足となっている小型3輪バイクの総称。現地ではすでに電動化モデルが存在する。『e-TUK TUK』はそれを輸入し、URBAN TRIKERと同様に日本の車検を通したもの。バッテリーはURBAN TRIKERと同じ3kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。最大乗車定員は3名で、バッテリー容量を2倍にしたロングレンジモデルもある。

最後に紹介する『REVERSE TRIKER』は、前2輪、後1輪の3輪電動バイク。フロントの機構はヤマハのトリシティに似ているが、細部がことなり、サスペンションやリンクの動きとしてはこちらのほうがシンプルな感じだ。バッテリーは72V 40Ah。2名乗車が可能で最高速度は85km/h。航続距離は約70km。こちらは高速道路の走行も可能になっている。ヘルメットの装着は必要ないが、メーカーは装着を推奨している。

どの車両もカテゴリーとしては、側車(サイドカー)のついたバイク(トライク)と同じになる。走行エリアが自治体ごとに制限される小型モビリティではないとのことだ。

  • 中尾真二
  • アソモビ2021:3輪電動バイク《写真撮影 中尾真二》
  • アソモビ2021:3輪電動バイク《写真撮影 中尾真二》
  • アソモビ2021:3輪電動バイク《写真撮影 中尾真二》
  • アソモビ2021:3輪電動バイク《写真撮影 中尾真二》
  • アソモビ2021:3輪電動バイク《写真撮影 中尾真二》
  • アソモビ2021:3輪電動バイク《写真撮影 中尾真二》
  • アソモビ2021:3輪電動バイク《写真撮影 中尾真二》
  • ルノー・トゥイジー《photo by Renault》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ