信号機のない横断歩道、止まらない都道府県ワーストは「岡山」

テクノロジー レスポンス

JAF(日本自動車連盟)は8月11日〜30日に「信号機のない横断歩道」における歩行者優先についての実態調査を全国で実施。停止率は過去最高の30.6%となった。

調査は8月11日から30日(平日)の10時から16時の間に各都道府県で2か所、全国合計94か所にて、信号機が設置されていない横断歩道を通過する車両8281台を対象に実施。歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止した車は2534台(30.6%)で過去最高となった。

2016年の調査開始時にはわずか7.6%だった停止率は年々増加。今年も前年調査時と比べて9.3ポイント増加したが、いまだに約7割のクルマが止まっていない現状が明らかとなった。

都道府県別の停止率トップ3は長野(85.2%)、静岡(63.8%)、山梨(51.9%)。ワーストは岡山(10.3%)、東京(12.1%)、青森(14.0%)だった。なお、2016年の調査開始以来、一時停止率が一桁台の都道府県はなくなった。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ