ベトナム初の自動車メーカー「ビンファスト」、新型EV発表へ

新車 レスポンス

ロサンゼルスモーターショー主催団体は10月14日、ベトナム初の世界的な自動車メーカーの「ビンファスト」が、11月に開催される「オートモビリティLA2021」において、新型EVを初公開すると発表した。

ビンファストは、ベトナムの大手民間多業種グループ、ビングループの子会社。

2017年に設立された。年産能力は自動車が25万台、電動スクーターが50万台に達している。

このグローバルプレミアは、ビンファストのEVの正式な北米市場進出を意味するという。現地での予約注文の受け付けは、2022年上半期(1〜6月)に開始される予定だ。

ビンファストに加えて、米国カリフォルニア州南部を本拠とするフィスカーを含めて、新興自動車メーカー数社も11月開催のロサンゼルスモーターショーで新型車を初公開する。

オートモビリティLAとロサンゼルスモーターショーは2021年、1世紀以上にわたり世界の自動車産業を変革する最大のトレンドである電動化にスポットライトを当てる、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ