全日本カーラッピング選手権、初開催 11月4-6日

モータースポーツ レスポンス

日本カーラッピング協会は、11月4日から6日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「サイン&ディスプレイショウ2021」にて、第1回「全日本カーラッピング選手権2021」を行うと発表した。

カーラッピングは、自動車の表面にフィルム加工を施すことで、既存の塗装には影響を与えずにまったく異なる色やデザインで車体を彩ることができる。また、飛び石や軽い接触などから塗装面を保護。愛車の資産価値を落とさず、美観を長期にわたり保持することにより、SDGsにも貢献する。カーラッピングは、2005年頃より世界的なブームになっており、市場規模は近年高い成長を継続し、今後も年平均10%以上のペースで増加すると見込まれている。

全日本カーラッピング選手権2021は、3日間にわたりカーラッピングおよびフリートマーキングの技能を競うトーナメント形式の競技会。2018年の「ラッピングバトル」、2019年「3Mラップフィルム ラッピングバトル」として開催されたコンテストを発展させ、同協会の会員のみならず、広く参加者を募る形式となる。大会には現時点で、正協会員18名 準協会員1名 非協会員8名がエントリー。3Mラップフィルム ラッピングバトルのチャンピオン、ヤマックス・川上裕貴氏の参加も予定している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ