RUF、991後期/992のエンジン性能高めるキットを日本導入

業界 レスポンス

独RUF(ルーフ)の正規輸入元RTCは10月20日、RUFコンバージョンキットの日本国内向けラインアップを拡充、4シリーズ7製品を新たに導入すると発表した。

RUFコンバージョンキットは、自動車メーカーが厳しい品質基準を設けて製作するエンジンキット。RUFがコンプリートカー用エンジン開発で培ってきた経験と知識を基に、給排気、冷却機構、過給器など、すべての構成部品が高水準で調和する再設計を施している。

今回新たに導入するのは、『991カレラ/S/GTS』後期型に対応した「Rc91」シリーズ、『991ターボ/ターボS』前後期型に対応した「R91」シリーズ、『992カレラ/S』に対応した「Rc92」シリーズ、『992ターボ/ターボS』に対応した「R92」シリーズ。4シリーズ7製品となる。

キット導入により、最高出力と最大トルクは大幅に向上。R91は225ps/285Nmアップの745ps/995Nm、R92は250ps/180Nmアップの830ps/930Nmを実現する。ただし、RUFコンバージョンキットの主目的はピーク値の向上ではなく、軽快なレスポンスと滑らかな出力特性でドライバーの意志に忠実なエンジンへと生まれ変わらせること。鋭い立ち上がり、圧倒的な加速感、レブリミットまで絶え間なく続く出力の上昇感など、RUFならではのパフォーマンスを実現する。

RUFコンバージョンキットは、吸気系の刷新とECUの最適化によるライトパッケージから、排気系やターボチャージャーおよびインタークーラーを刷新するものまで様々なラインナップを展開。RUF製インコネルエキゾーストシステムを導入するキットでは、車重も軽量化され、より官能的なエキゾーストノートも加えられる。また、R91では電子制御面でECUに加えて、PDKを制御するGCUも最適化している。

キット導入は、RUFから講習を受けたRTCの専任メカニックが担当。ECUやターボチャージャー等のコンポーネントはRUFへと送られ、RUFエンジニアがコンバージョン作業を行う。

価格はRc91シリーズが176万円から308万円、R91シリーズが231万円から638万円、Rc92シリーズが275万円から352万円、R92シリーズが176万円から523万6000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • RUFコンバージョンキット(イメージ)《写真提供 RTC》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ