リックス自動車、会津若松市で乗り捨てカーシェア開始…学生などターゲット

業界 レスポンス

オリックス自動車は10月20日、福島県会津若松市にて、ワンウェイ(乗り捨て)方式のカーシェアリングサービスを一般向けに開始した。

ワンウェイ方式カーシェアリングは、借受場所とは違うステーション(駐車場)で車両を乗り捨て(返却)可能なサービス。従来のラウンドトリップ方式と比べ、利便性の高いサービスとなる。大手カーシェア事業者では現在、カレコ・カーシェアリングクラブは乗り捨て未対応、タイムズカーシェアは一部で乗り捨て可能だが、オプション料金が3240円(通常クラス)と高額だ。

オリックス自動車は、これまで会津若松市にあるICT(情報通信技術)オフィスビル「スマートシティAiCT(アイクト)」内と郡山駅周辺の2拠点にワンウェイカーシェア対応のステーションを設置し、AiCT入居企業などに利用者を限定した実証実験を行ってきた。この結果、一定の利用ニーズの蓄積とワンウェイ方式の運営体制を確認できたため、新たに会津大学と会津若松駅周辺に2拠点を追加し、一般向けにサービス提供を開始する。

予約については、通常2週間前から可能だが、乗り捨て対応ステーションは90分前からとなるほか、予約は1台1予約となるなど、若干の制約はあるものの、追加料金なしで利用できる。また、主な利用客となる会津若松市の学生や専門学生を対象に、入会から2か月間、月2時間分の利用が無料となるキャンペーンも開始した。

オリックス自動車では、年内に同市内でさらに3拠点程度の乗り捨て可能なステーションを順次追加していく予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • カーシェアステーション(イメージ)《写真提供 オリックス自動車》
  • 乗り捨てカーシェアリングサービス《写真提供 オリックス自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ