空港内物流で活躍するトーイングトラクターも電動化、トヨタL&Fが新型発売

新車 レスポンス

豊田自動織機 トヨタL&Fカンパニーは10月25日、エンジン車と同等の走行性能を備えた新型電動トーイングトラクター「3TE25」を発売した。

トヨタL&Fのトーイングトラクターは1956年の発売以降、空港での貨物けん引作業や製造業での重量物水平搬送等の作業環境で活躍している。近年、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが世界的に広がる中、トーイングトラクターの主要市場である航空業界でも、CO2排出削減に向けた取り組みが加速。今年7月には、成田空港や羽田空港など国内21空港が、国土交通省より「重点調査空港」に選定され、空港施設・空港車両からのCO2排出削減に向けた取り組みが始まっている。

新型電動トーイングトラクターは、高効率モーターおよびドライブユニットを搭載することで、けん引力・走行速度・登坂能力などエンジン車と同等の走行性能を実現。600AHの高容量バッテリー採用により長時間の連続稼動が可能となった。これにより、取り扱い貨物が多く走行条件の厳しい大規模空港における電動化ニーズに対応し、加えて、ボンネットタイプフレームの採用や高い耐水性により、エンジン車同様に屋外でも利用できる。価格は768万円。

トヨタL&Fでは、新型電動トーイングトラクターによりエンジントーイングトラクターの電動化代替ニーズに応え、空港等のカーボンニュートラルに貢献していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 新型電動トーイングトラクター「3TE25」《写真提供 豊田自動織機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ