世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用

新車 レスポンス

JFEスチールは10月22日、同社が開発したストレスリバース工法が、トヨタ自動車のレクサス『NX』の1.5GPa級高張力冷延鋼板を使用した部品製造に採用されたと発表した。

1GPaを超える超高張力鋼板は鋼板のプレス成形時、スプリングバックとよばれる成形後に元の形に復元する現象への対処が必要となる。ストレスリバース工法はJFEが開発したスプリングバックを抑制する成形工法。バウシンガー効果と呼ばれる変形の方向を逆にした直後、変形応力が小さくなるという鋼板特性を活かし、プレス成形時に材料に残る応力を低減させる。これにより、事前の金型制作にかかる時間やコストの削減が見込める。

今回、レクサスNXのルーフセンターリンフォースで、冷間プレスによる車体骨格部品の強度としては世界最高レベルとなる1.5GPa級高張力鋼板のスプリングバック抑制成形工法として採用された。

JFEは軽量化素材などの材料提供に加え、ストレスリバース工法をはじめとする様々な技術を納入先の製品開発や商品性能向上が図れるソリューションも提供している。

  • レスポンス編集部
  • レクサスNXのルーフセンターリンフォース(ストレスリバース工法採用部品)《写真提供 JFEスチール》
  • レクサスNX新型《写真提供 トヨタ自動車》
  • レクサスNX新型《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ