デマンド乗り合いタクシーを地域の足へ、新潟県加茂市で実証運行

新車 レスポンス

エヌシーイー(NCE)、NTTドコモ、電脳交通は、新潟県加茂市で10月25日から2022年3月31日ま運行されるデマンド型タクシー「のりあいタクシー」を支援すると発表した。加茂市の公共交通を見直すことで高齢者や通学者らの利便性を確保する。

今回運行開始する加茂市の「のりあいタクシー」は、自宅前や病院、学校や駅など、運行ルールに沿ってどこでも乗り降りできる乗り合いタクシー。予約に合わせた最適なルートでの配車が可能で、加茂市全域において土日を含め毎日運行する。

加茂市では、加茂市営市民バスの乗車人数が少ない路線と時間帯があることや、自宅近くにバス停がなく移動が不便な地域があって非効率な運行となっていることによる運行経費の増大が課題となっている。

従来運行していた市民バスの路線再編と同じタイミングで運行を開始し、市民バスを減便して「のりあいタクシー」を運行することで、加茂市の交通インフラを維持・効率化する。人口が広く点在する地域などで非効率な運行となっていた市民バスから予約制の乗り合いタクシーに転換することで、市民生活の足として持続可能な公共交通として検証する。今後、利用者ニーズを踏まえた改善を加え、2022 年以降の本格運行を目指す。

実証実験では、利用者は利用開始時間1時間前までにWebまたは電話で予約する。1台あたりの定員は最大4人で、運賃は200円から。利用距離に応じた運賃設定となっている。

タクシー配車には、電脳交通が提供する「公共タクシー配車システム」を活用する。利用者からの予約情報を受けて、タクシー内のタブレットに運行ルートと乗降時間が送信される。

  • レスポンス編集部
  • 利用イメージ《画像提供 NTTドコモ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ