ハーツ、テスラ『モデル3』10万台導入へ…北米最大のEVレンタカー台数に

エコカー レスポンス

ハーツ(Hertz)は10月25日、テスラのEVを10万台、レンタカーとして2022年末までに導入すると発表した。

11月上旬から年内にかけて、テスラの主力EVの『モデル3』が、米国の空港や主要都市、ヨーロッパの一部の都市でレンタルできるようになる。

ハーツはまた、レンタカーのネットワーク全体に数千の充電器を設置していく。モデル3をレンタルした顧客は、米国とヨーロッパ全体で3000か所のテスラ「スーパーチャージャー」充電ステーションが利用できる。レンタカーの予約は、ハーツのモバイルアプリで行える。

ハーツは2011年、EVをレンタカーに導入した最初の米国のレンタカー会社だ。EV用のワイヤレス充電システムも最初に導入した。ハーツはまた、EVへの移行を加速することに焦点を当てたコンソーシアム、「Corporate Electric Vehicle Alliance」におけるレンタカー企業唯一の会員でもある。

ハーツのマーク・フィールズ暫定CEOは、「新しいハーツは、北米最大のEVレンタカー導入を皮切りにEVの台数を拡大し、世界中のレジャーやビジネスの顧客に最高のレンタルと充電体験を提供し、モビリティ企業に変革していく」と述べている。

  • 森脇稔
  • ハーツに導入されるテスラ・モデル3《photo by Hertz》
  • ハーツに導入されるテスラ・モデル3《photo by Hertz》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ