レクサス LS 一部改良、先進運転支援の性能向上…価格は1071万円から

新車 レスポンス

レクサスは、フラッグシップセダン『LS』を一部改良し、10月28日より販売を開始した。

今回の一部改良では、標準装備の19インチタイヤをランフラットタイヤから新開発のノーマルタイヤに変更し、走りの上質感を高めた。なお、ランフラットタイヤはメーカーオプションとして残している。

また予防安全パッケージ「レクサスセーフティシステム+A」の機能のひとつであるレーントレーシングアシスト[LTA]ではシステム制御の改良によりセンタートレース性を向上。ふらつきを低減し、より安全・安心な走行ができるLTA制御を実現した。

高度運転支援技術「レクサスチームメイト アドバンスド ドライブ」搭載モデルについては、追い越しの際、側方間隔確保機能の作動条件をより積極的に作動するように変更。さらに車線変更支援できる場面を拡大し、被合流区間から区間外へのレーンチェンジ時の支援ができるようになった。また、背景色などメーターグラフィックを一部変更し、視認性を向上。既存オーナーも無線通信を利用したソフトウェアアップデートによって同様の機能を提供する。加えて、新たに左右・後方へLiDARを装着し、将来的な性能向上に役立てる。既存オーナーにも、販売店でのLiDAR装着を予定している。

このほか「LS500/LS500h」では、マークレビンソン リファレンス3Dサラウンドサウンドシステムを「バージョンL」に標準装備として追加設定した。全車標準装備の「ナノイー」発生装置は「ナノイーX」へ進化させ、快適性をさらに向上。オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤLEXUSロゴ)を「Fスポーツ」にメーカーオプションとして新規設定、リヤシートリマインダー機能を全車標準設定とした。LS500hはさらに、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/非常時給電システム付)を標準装備とした。

価格はLS500が1071万円から1578万円、LS500hが1222万円から1731万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 側方間隔確保機能作動イメージ《写真提供 トヨタ自動車》
  • Fスポーツ専用オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤ LEXUSロゴ)《写真提供 トヨタ自動車》
  • 価格表《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ