GMの純利益、2.3倍と増加 2021年1-9月期決算

業界 レスポンス

GM(General Motors)は10月27日、2021年1〜9月決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は934億2000万ドル(約10兆6135億円)だった。前年同期の849億6700万ドルに対して、9.9%増と増加した。

また、2021年1〜9月の純利益は、82億7800万ドル(約9405億円)だった。前年同期の35億8100万ドルに対して、およそ2.3倍の増益を果たしている。

大幅な増益となったのは、前年同期の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大による新車販売の落ち込みが、2021年上半期(1〜6月)に回復したため。しかし、2021年第3四半期(7〜9月)の業績は、世界的な半導体不足を受けて生産調整を行った影響により、減収減益となった。

GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「GMは事故、排出量、渋滞ゼロの世界実現というビジョンに向けて、もう1つの大きな一歩を踏み出した」と述べている。

  • 森脇稔
  • GMのアーリントン工場《photo by GM》
  • GMの米国ミシガン州工場で生産されているシボレー・ボルトEV《photo by GM》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ