ベントレーの新型PHV、バイオ燃料と再生可能エネルギーでアイスランドの733kmを横断

新車 レスポンス

ベントレーは10月28日、プラグインハイブリッド車(PHV)の『フライングスパー・ハイブリッド』のプロトタイプが、バイオ燃料と地熱発電を組み合わせた再生可能エネルギーのみを使用して、アイスランドの733kmを横断した、と発表した。

◆アイスランド横断中のCO2排出量を45%削減

今回の挑戦は、2022年に発売予定のフライングスパー・ハイブリッドのグランドツーリング性能と、エンジンに手を加えることなく使用できるバイオ燃料の進化を証明するのが狙いだ。使用された燃料は、通常のガソリンと同じ「EN228」規格に準拠しつつ、食料生産や自然の生態系に負担をかけることなく、廃棄物であるバイオマス(藁)から作られた。この燃料と、フライングスパー・ハイブリッドの電動パワートレインを組み合わせることで、アイスランドの733km横断中のCO2排出量を45%削減することができたという。

今回使用されたのは、100%再生可能な第二世代のバイオ燃料で、ベントレーの再生可能燃料研究を支援しているコリトン社によって開発された。製造プロセスでは、廃棄物である藁などのバイオマスを発酵により分解し、エタノールを生成する。エタノールを脱水するとエチレンになり、短い炭化水素分子を連結して、より長くエネルギー密度の高い分子を生成するオリゴマー化のプロセスを経て、ガソリンに変換される。

また、アイスランドの733km横断中、PHVシステムの充電に使用された電力は、アイスランドの100%再生可能な送電網から供給された。アイスランドは再生可能エネルギーの生産で世界をリードしており、国内の電気エネルギーの75%は水力発電、25%は地熱発電で生産されている。フライングスパー・ハイブリッドは、アイスランド滞在中、スヴァルツェンギ地熱発電所の電力で充電された。

◆2.9リットルV6ツインターボ+モーターで最大出力544ps

新設計のPHVパワートレインは、2.9リットルV型6気筒ガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせた。2.9リットルV6エンジンは、最大出力416ps、最大トルク56.1kgmを発揮する。エンジンのVバンク内には、ツインスクロールターボチャージャーと一次触媒コンバーターを搭載した。インジェクターとスパークプラグは、最適なスプレーパターンと燃焼経路を実現するために、各燃焼室内の中央に配置される。カムシャフトは最大50度まで可変。リッターあたりおよそ150psの数値は『フライングスパーV8』を凌ぐという。

電気モーターはトランスミッションとエンジンの間に配置され、最大出力136ps、最大トルク40.8kgmを発生する。永久磁石同期モーターが停車状態から瞬時にフルトルクを発生し、静かに加速する。トルクのレスポンスが迅速なため、ターボラグにつきもののもどかしさが最小限に抑えられているという。

PHVシステムの最大出力は544ps、最大トルクは76.5kgmを獲得する。パワフルなPHVパワートレインは0〜96km/h加速4.1秒、最高速285km/hの性能を可能にする。0〜96km/h加速4.1秒は、フライングスパーV8の4.0秒よりも0.1秒速い。

モーターを駆動するリチウムイオンバッテリーは、蓄電容量が14.1kWh。2時間半でフル充電できる。バッテリーに蓄えられたエネルギーはパワーエレクトロニクス技術によって変換され、モーターに供給されるほか、12Vバッテリー系統の補助にも使用される。EVドライブモードの航続は40km以上(WLTP計測)とした。

◆3種類の「Eモード」が切り替え可能

従来のオートマチックスタート&ストップスイッチは、3種類の「Eモード」を切り替えるコントロールスイッチに置き換えられた。EVドライブモード、ハイブリッドモード、ホールドモードの3種類のEモードが切り替えられる。バッテリー残量の自動管理機能も採用している。EVドライブモードでは、可能な限り電気だけで走行する。EVドライブモードは、都市部や短距離の移動に最適という。

ハイブリッドモードは、インテリジェントなナビゲーションシステムのデータに基づき、効率と航続を最大限にする。このモードは長距離ドライブ向きで、ナビゲーションシステムの走行ルートに従いながら、Eモードの予測機能とエンジンの惰性回転を利用する。ナビゲーションシステムに目的地を入力すると、走行シーン毎に適切なドライブモードが自動的に選択され、バッテリーの電力を最も効率的に利用するための計算を行う。例えば、都市部などEV走行が最も有効と思われるシーンに備えて、バッテリーに電力が蓄えられる。目的地に到着した時点で、バッテリー残量がゼロになるように自動計算することで、トータルな効率性を追求している。

ホールドモードでは、エンジンと電力がバランスよく使い分けられ、必要なときに電力で走行できるように高圧バッテリーの充電量が維持される。ドライバーがスポーツモードを選ぶと、デフォルトでホールドモードになり、ブーストと回生が確実に行われる、としている。

  • 森脇稔
  • ベントレー・フライングスパー・ハイブリッド のプロトタイプによるアイスランド横断チャレンジ《photo by Bentley》
  • ベントレー・フライングスパー・ハイブリッド のプロトタイプによるアイスランド横断チャレンジ《photo by Bentley》
  • ベントレー・フライングスパー・ハイブリッド のプロトタイプによるアイスランド横断チャレンジ《photo by Bentley》
  • ベントレー・フライングスパー・ハイブリッド のプロトタイプによるアイスランド横断チャレンジ《photo by Bentley》
  • ベントレー・フライングスパー・ハイブリッド のプロトタイプによるアイスランド横断チャレンジ《photo by Bentley》
  • ベントレー・フライングスパー・ハイブリッド のプロトタイプによるアイスランド横断チャレンジ《photo by Bentley》
  • ベントレー・フライングスパー・ハイブリッド のプロトタイプによるアイスランド横断チャレンジ《photo by Bentley》
  • ベントレー・フライングスパー・ハイブリッド のプロトタイプによるアイスランド横断チャレンジ《photo by Bentley》
  • ベントレー・フライングスパー・ハイブリッド のプロトタイプによるアイスランド横断チャレンジ《photo by Bentley》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ