トヨタグループの車載通信機共同開発プロジェクトに日野自動車が参画

テクノロジー レスポンス

日野自動車は10月29日、トヨタ自動車、スズキ、SUBARU、ダイハツ工業、マツダが進める車載通信機の技術仕様の共同開発と通信システムの共通化プロジェクトに参画すると発表した。

日野が今回参画するのは、車両から車載通信機センターまでの接続仕様を共通化した新しい通信システム構築。トヨタが開発した車載通信機技術をベースに、参画各社が保有する技術を盛り込みながら開発することで、安全・利便・快適なコネクティッドサービスの提供を目指す。

日野が手がける商用車を活用する物流事業者に関する社会課題の解決には、ニーズに応える車両の提供と合わせて、コネクティッドサービスをはじめとするデジタルソリューションが重要になっている。

日野はプロジェクトに参画することで車載通信機、通信システムの開発の効率化を図るとともに、サービス面での開発にリソースを投入、コネクティッドサービス「日野コネクト」などのデジタルソリューションの確立を加速する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ